開発から販売まで

IGAでは、全社員・スタッフが一丸となって、「axes femme(アクシーズファム)」の商品や店舗を生み出しています。たくさんのディスカッション、日々の現場での情報収集、トレンド調査……。そこには、様々な努力と工夫が詰まっています。
実際の社員、スタッフの様子を、商品ができるまでの工程と、店舗ができるまでの流れとともに、ご紹介します。

商品開発のこだわり ~ワンピースができるまで~

商品の方向性を決める戦略会議と
コンセプトメイク

まずは、次のシーズンに合わせて、商品の戦略や方向性を決める戦略会議です。商品営業や商品企画を担当するスタッフなどが参加し、マーケットの動向を共有して、テイストやテーマについてのディスカッションを行います。
方向性が決まったら、次は、商品企画担当が各商品のコンセプトを決めていきます。トレンドを意識しながらも、ブレないものづくりを心がけることがポイントです。
レースやフリル使い等、どのようなディティールにするのか、何度も考えて、ブラッシュアップしていきます。この細部へのこだわりが、ブランドの世界観には欠かせません。

お客様の“欲しい”を叶える、
仕立て・デザイン

製造メーカーのデザイナーと、デザインの打ち合わせをします。実際の生地と照らし合わせながっら、イメージをより具体化していくステップです。
商品は、試着をしながら、サイズ感や着心地を確認し、仕立てていきます。現場で得る情報や肌感覚を意識し、お客様の気持ちになってつくり上げていくことがポイントです。

商売の要となる
コスト調整・仕入れ交渉

商品を流通させるためには、仕入先である商社との交渉が必要です。理想の売値を実現するために、仕入れ値を決めるところから始めます。これは、商品営業の重要な任務の一つです。
また、商品をより多くのお客様に知ってもらうためには、広報やPR方法の模索も必要不可欠です。ブランドムック本もその一つ。ターゲットとブランドの世界観を意識しながら、戦略を立てていきます。これらの販売戦略が決まると、社長と商品企画・在庫コントローラー、商品営業の全3部門が集まって、全体会議を行います。店舗のため、売上につなげるために、意見を出し合い、最終的な決定を行います。

現場の情報をもとに立てる、
具体的な販売計画

戦略が決まると、在庫コントローラーが、各店の在庫状況や売上動向を見ながら、効率的に商品を売り切る計画を立てます。さらに、本部スタッフも店舗に頻繁に足を運び、お客様の動向をリサーチします。どのような商品が売れているのか?お客様はどのように反応しているか?現場での情報をキャッチして、スピーディーに戦略へ反映します。もちろん、在庫コントローラーと福井ロジスティクスセンターの社員によるデリバリー計画も欠かせません。テレビ会議で、福井にいる情報システム担当者と本部が連携をとって、計画を進めます。

最後の仕上げ、生産~流通

IGAの商品は、中国で生産しています。型数が多いため、手間は掛かりますが、一貫した生産体制と情報伝達のスピードが、小ロット多品種製造を実現しています。 できあがった商品は、福井ロジスティクスセンターへ。ここで仕分けされ、全国の店舗へと配送されます。
こうして届いた商品は、各店舗で、在庫コントローラーから送られたオススメのディスプレイ方法などの情報をもとに、陳列されます。店舗に届くのは、IGA全スタッフの思いの込められた商品です。このような工程を得て、axes femmeの商品は、お客様のもとへ届けられています。